一期一会
d0105218_5323417.jpg
Carl Zeiss Vario-SonnarT* DT 16-80mm F3.5-4.5ZA / SONY α100


今日は会社の新年会 兼 送別会でした。正確にはもう昨日のことですね。
本当は帰宅してすぐに酔った勢いで書いてしまおうと思っていたことですが、微妙な内容なのでなかなか書き始めることができず、すっかり酔いもさめつつある明け方になって、ようやく書く決心がつきました。

今日は一緒に仕事をさせていただいている面々との宴会で、久しぶりに楽しいお酒が呑むことができました。これは本当のことです。
ですが、実は今日の僕は宴会中もある言葉が頭から離れなくて、少々深酒が過ぎたのは、実はこの言葉を一時でも忘れようと思っていたからです。

「僕が生きる今日はもっと生きたかった誰かの明日かもしれない」

少々辛気くさく、辛い話をしなければいけません。
実は古くからこのブログを読んでくださっていた方には報告しなければいけないことがあったのです。


「7年も前の話」というタイトルで5年前にアップした記事。ここに紹介したある先輩社員(前の会社の)のことです。
今までブログを書いてきて、失礼にも何人かの身の周りの人を匿名で紹介したことがありますが、
その中で一番反響が大きく、コメントを見ていただいてもわかるように、多くの僕の友人から好意を示された人です。
それだけにここで改めて報告するのは、僕にはかなり勇気のいることでした。

今日、当時の別の先輩がweb上にこの方への思いをつづられたのを見て、
やはり僕も自分のために、ここに今の思いを書き留めておこうと思いました。
上の言葉はその方が引用されていた言葉です。

僕のことを「無菌室のエリンギ」と評してくれたこの先輩は、
昨年末、37歳の若さでお亡くなりになりました。

d0105218_534542.jpg
Carl Zeiss Vario-SonnarT* DT 16-80mm F3.5-4.5ZA / SONY α100



類稀な才能…。言葉にすればそれはあまりに安っぽい表現で、
何か一つボタンを掛け替えれば、偉大な芸術家になったのではないかと本気で思うほどの絵の才能に恵まれた人でした。

言葉もありません。ただただ口惜しいのです。

神さまがいるとしても、きっと神さまは人間一人一人の営みなんて、
これっぽっちも気にしていないのでしょう。

誰を残し、誰を奪うかなんて、
ロシアンルーレットのように場当たりで、適当で、
無作為に選んだ人を、神さまは時折気まぐれに奪っていかれます。
僕は正直もう飽きたのです。

祈りは届かない。祈っても仕方ない…。
としても、祈りに意味がないとは思いたくないのです。
文字学を通して白川先生が教えてくれた「神さま」はまさしく自然そのもの。
草や木を揺らす風の匂いや水のたゆたいこそが「神さま」であるなら、
自然界から逸脱した私達の都合など、やはり「神さま」には何の意味もないのでしょう。

でも?
だから?
僕は今、人のことは人に祈ろうと思うのです。
(自然のことはこれまで通り神さまに祈るとしても…)
人の世界でのみ感じることの出来る健気な奇跡を信じて、
人のことは人に祈りたいのです。

ここまで鬱陶しい文章を読んでいただいた方に、
あらためて伝えたいことがあります。
もしかしたらその中には今日の宴会を同席してくれた方も含まれているかもしれません。

今日席を同じくして共に過ごした仲間が、
明日も必ずそこにいるとは思わないでください。

今日送り出した同僚と、
いつでもまた会えるとは思わないでください。


一期一会という言葉の本当の意味は、
次の機会を絶対的に失った人にしか分りません。

出会いを大切に。
別れをより一層大切に。
あなたの身体は、あなたがこれまで出会ったすべての人にとっても大切な身体です。
だからお身体には気をつけて。

それは明日かもしれない。来年かもしれない。
10年後かもしれない。
でもとにかく、また会いましょう。


d0105218_5373899.jpg
Carl Zeiss Vario-SonnarT* DT 16-80mm F3.5-4.5ZA / SONY α100


p.s.
もし読んで下さったなら、本日の主賓様へ。
縁起でもない話をしてすみません。
ベロベロに酔っていてすみませんでした。
あなたが写真の話をしてくれたから、
やはり今日ブログの更新をしようと思ったのです。
写真はレンズと仰ってましたね。
僕もそうだといいましたね。
僕に写真のことをアドバイスしてくれた人も、
世間ではそう言われていると僕に教えてくれました。
だからそれは間違いではないのです。
でも僕は思います。
レンズが写真に及ぼす影響よりも、
気持ちが及ぼす影響の方がはるかに強い。
初期衝動を失ってしまったら、
どんなにいいレンズをつけても、撮りたかったものは写らなくなります。
今の気持ちを大切にしてください。
webに上げられるのを楽しみにしています。
約束ですよ。
[PR]
by chii-take | 2013-01-20 05:54 | Comments(14)
Commented by 赤木 at 2013-01-20 13:05 x


そうかあ。彼亡くなったんかあ。
会社辞めてから当時の会社のメンバーと全く交流ないから知らなかった。

確かに
凄い才能を持ちながら世渡りの下手な不器用な子だったなあ。

そして、悪口に見えるかも分からんけど正直 生意気な奴だった。

でも、凄く可愛いくて弟みたいな子でもあった。


僕が良いように考えてただけかもだけど…
彼は僕とも もっと仲良くなりたかったんやろうなあ。

でも、僕も世渡りが下手で彼との距離も上手く詰められんかった。

ごめんな。


でも、僕にとっては掛け替えの無い想い出。



そして、失礼やけど…
向井くんは、やっぱり 「無菌室のエリンギ」やな。
これは、悪口だけではなくて褒め言葉でもあるけど。

彼やったら、多分
「君の人生とボクの人生は違う!」 って言うんじゃないかな。

…って僕は勝手に思う。
惜しい人を亡くしたって思うのなら
その方以上に幸せになればいい。

そして、天国から早く亡くなったことを彼に残念がらせてやれ。

辛気臭いこと書いてる暇があったら、
家族を今も幸せだと思うけど、もっと幸せにしてあげる方に力をそそげ!

つづく
(ごめん。文字数多過ぎたみたいです。)
Commented by 赤木 at 2013-01-20 13:06 x
つづき

上手く伝わっているかちょっと不安やけど…
そう僕は、思う。



僕は、負けっぱなしは嫌なので僕も彼みたいに
彼のようにデザインや絵で人から一目置かれるような存在になる!


そして、彼の生きれなかった分 長生きして、もっと幸せになる。
そして、天国で悔しい想いを味あわせてやる。

彼は、もっと長生きして もっと幸せになれた筈や。
若くして亡くなりやがって。
出来の悪い後輩やで。



その分、僕が彼の分も人生を全力で生きてやる。

いつか天国に行った時
彼と美味しいお酒でも飲めたらいいなあ。

むっちゃ辛いの好きな奴で
アホほど唐辛子入れまくろうとしたら全力で止めるけどな。
長生きして欲しいから。



だから、
彼を むっちゃ慕うのなら
彼のことを 本気で残念に思うのなら
彼の楽しかった想い出にだけに目を向けて
今を全力で、いつ亡くなっても
後悔しないように生きてください。

僕も
彼に負けないよう全力で生きるから。

実名出してごめん。
でも、実名じゃないと伝わらない気がした。
Commented by ちいたけ at 2013-01-20 18:15 x
>赤木さん
お久しぶりです。
実名でなくても伝わりますよ。
おしかりごもっともかもしれませんね。
ともあれ、ご存知なかったのなら、それだけで書いた意味はあったかもしれません。
あやうく僕も知らないままで過ごすところだったのです。
あるいは赤木さんの仰る通りだとしたら、知らなくてもよかったのかも知れませんね。
今を全力で生きろと書いて下さったこと。そのとおりだと思います。
ありがとうございます。
赤木さんもお身体には気をつけて。
Commented by 赤木 at 2013-01-21 21:13 x
違うねん。
僕が言いたかったのは、彼の死をしっかりと受け止めた上で彼の分も幸せになってや。
…ってことやねん。知らなくて良かった訳では決してないのです。
彼を思い出したとき悲しいって気持ちだけになるのは彼の本意ではないと思ったから。今は仕方ないとは思うけど。

飼っていた猫の話で申し訳ないのですが…猫と言えど一緒に暮らしていると家族になりますよね。
猫だけど、自分にとっては人間と同じ。『おこぜ』さんて名前やねんけど天寿を全うされました。

むっちゃ悲しかった。今でも悲しい。だけど、おこぜさんを思い出した時果たして、悲しい気持ちだけ思い出しておこぜさんは浮かばれるのだろうかと勝手に思ったのです。
いっぱい楽しい思い出もあった筈なのに悲しい思い出だけ思い出すのはあかんなあと思った。

例が悪いかもだけど。しっかり受け止めて彼の分も楽しく幸せに生きて行く!
悲しがってるだけだと『そんな思われても』って彼も きっと 天国で思っていると勝手に思ったから。
僕は説明が下手だし、まとめるのも下手で、長文な駄文になってごめん。
知らない方がいいとかは全く言ってないのです。
今を彼の分も全力で楽しく生きて欲しいのです。
Commented by K.M at 2013-01-22 00:50 x
こちらでは初めまして。主賓と呼ばれても良いものなのかアレですが、先日の宴会の席ではありがとうございました。

最後の最後に写真のお話を交わせた事がとても嬉しかったのですが、悔しくもありました。最後の最後って…!
在籍していた時に経験できたたくさんの事を尽くスルーしてしまう、内向的性格な私の悪い癖です。


ちいたけさんの追伸を読んで、ずっとなんとなくぼんやり考えていた事を指摘されたようでドキッとしました。
確かに写真はレンズに左右されるけど、カメラを手に入れ易くなったこの時代、フィルター機能等たくさんの機能が搭載された機種が殆どの今、自分が撮る写真と、他人が撮る写真、どう違うんだろう、とよく考えています。
でも、答えもわかってるんです。それはやっぱり“心”なんですよね。
正直に申し上げると、私は今、被写体(もしくはその背景)と真正面から向き合うという事がわからないままシャッターを切っています。(要するに、ただなんとなく、です)
その背景にはやっぱり、私の内向的な面が邪魔をしているんですよね。
初心者で技量もないですが、問題はそこじゃないだろと、物事との向き合い方が分からず悶々としています。
Commented by K.M at 2013-01-22 00:50 x
続いてすみません。


また、冒頭のお話に関しても、最近感じていた事に関してもドキっとさせられました。
実は、そこまで深刻ではなくとも、私の身近な人に「共に過ごせる残りの時間」を考える人がいます。(本当に深刻ではないので、重くは受け取らないで下さいね)
よく考えると、最後の時が明日ではないなんて保障はどこにもないんですよね。相手にはもちろん、自分にも。
一期一会をただ単に大切にするんじゃなくて、大切にする為に自分も行動していかなくちゃダメなんですよね。


ちいたけさんのこの記事を読んで、私の今年の決意と行動方針を決めました。
「貪欲に動く」です(笑)
得たい知識、得られる知識、挑戦したい事、人と触れる事、逃げちゃダメな事…
自分の気持ちにとことん向き合って、内向性を捨てて貪欲に求める年にしようと思います。
これは試練だとも思っていますが。


色々書くとまとまりのない拙い文章ですみません。
ですが、ちいたけさんのブログを読ませてもらってとても良い刺激になりました。

約束、かならず守ります。

そして、良ければまたお会いして写真トークさせてもらいたいです^^
Commented by ちいたけ at 2013-01-22 03:09 x
>赤木さん
(∩。∩;)ゞ
>違うねん
と仰る赤木さんの思いはよくわかります(笑)。
けして赤木さんが伝えようとしたことが分っていないわけではないのです。
赤木さんの根っからポジティブな気持ちはしっかりと受け取ったつもりです。
少し補足させていただくと、僕はとくに悲しんでいるわけじゃないんです。
うまく言葉にできませんが、僕は少し怒っていて、少しイライラしているんです。
死んだ人の身になって考える赤木さんの考え方はすばらしいと思いますが、それだと、やっぱり考えているのは死んだ人じゃなくて、残された人なんですよね。
残されたものの勝手な解釈を死んだ人におしつけるようで、僕にはなかなかそれが難しいんです。(否定してる訳じゃないですよ)
もちろん「全力で楽しく生きること」は僕も共感するところで、
それを伝えてくれた赤木さんの気持ちにはとても感謝しています。
ただし僕は「彼の分」という風には考えられないんです。
たぶん誰かが簡単に上乗せできるほど、人の幸せは軽いものではないと思います。
ただ僕は、「明日にはいなくなるかもしれない僕や、今目の前にいる人」にとって大切な今を、その関係を大切に精一杯生きたいのです。
Commented by ちいたけ at 2013-01-22 04:12 x
>K.Mさん
何から話そうか?
じゃ、書いてもらった順番でまず写真のこと。
僕に写真のアドバイスをしてくれた人がいつか言っていた。
中判でも35mmでもポラでも、何で撮っても同じように写す人がいるって。
パッと見ただけでその人の写真とわかる何かがある。
きっとその人ならデジタルでも変わらないんだろうと思う。
メーカーは「誰が撮っても完璧な写り」を唱えるけど、そんなことない。
3歳の娘が撮る写真は絶対に僕には撮れないからね。(何でそれ撮るの?てのばっかり)
まったく同じものを見ていても、見る人によって、見ている世界は違うもの。
きっと内向的なことは邪魔していない。
内向的なことをダメなことと思っている気持ちが「真正面」を遠ざける。
外の世界を写しているのは、目の内側の網膜、そして脳であるように、
主観を通さなければ、外の世界を認識することはできない。
内側の世界観次第で外の世界は美しくも醜くもなる。
むしろ内向的なことはそういう意味では有利なはず。
Commented by ちいたけ at 2013-01-22 04:13 x
>K.Mさん(続きです)

きっと技術や機能より大切なことがあって、
それはどう違うのか?を考えることより、
なぜそれがしたいのか?を考えること。
理由なんてないのかもしれない。
ただ楽しそうだから、きれいだから。そのくらいなのかも。
そんなシンプルな思いが実は最大のオリジナリティを生むんだと僕は思っています。


そして、
深刻ではない(笑)共に過ごす残りの時間を考える人について…。
そう!別に深刻じゃないんですよ。
誰だっていつか死ぬ。恐ろしいくらい無意味に。
僕なんて一週間にいっぺんくらい車に引かれそうになって死にかかってます。
でも90過ぎたおばあちゃんにお迎えが来るのは、けして悲しいことばっかりじゃない。
その90年の時間の大切さを思うんです。
あるいは、そのときが近づいているのが分っているのなら、それまでの時間の大切さを思うんです。
Commented by ちいたけ at 2013-01-22 04:14 x
>K.Mさん(さらに続きです)

なにもそれは死別ばかりを思っているわけじゃなくて、
たとえば、KMさんとすれ違った約3年の時間の大切さを思うんです。
後悔もあるかもしれない。H氏のようにもっと僕をこき使ってやればよかった(笑)とか。
それは取り返しのつかないことだけど、その時間を思うことで、
反対にこれからの3年を慎重に生きることができる。
これからの3年間で出会う人との新しい可能性を模索することができる。

そうすることで…。
そうですね。またお会いして写真トークが出来たなら、
それは、僕が言うところの「健気な奇跡」的再会といえるかもしれません。
楽しみにしています。
でもそれはKMさんがwebに写真を上げて、
自信を持ってこれが私の写真!私のカメラ!私のレンズ!というのを手に入れてからです。
F値は1.4がおすすめです!

ああ、あともう一つ。
常務の出した今年の決意と行動方針の条件は「やり遂げられること」です。
お忘れなく!
Commented at 2013-01-24 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちいたけ at 2013-01-25 13:00 x
>秘密のコメントさま

大丈夫です。
おっしゃるように当時の大先輩がメールで知らせてくださいました。
ありがたいことです。

コメントありがとうございます。
知らせていただいた内容、
とても感慨深いものがありました。

もう一度見たいですね。
あの人が絵を描いているとこを。
Commented at 2013-01-26 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちいたけ at 2013-01-31 10:36 x
>秘密のコメントさま

教えていただいてありがとうございます。
あの方が喜ばれていたことは、僕にとっても嬉しいことであり、
僕もその列に連ならなければいけないところですが、
そうではないところが申し訳ないところです。

何より、あのチーム、あの会社から離れてしまった者として、
そうでなければ顔向けできないという思いもあります…。

日々それぞれ、たった一度の毎日。
誰かが生きられなかった今日この日を大切に。
あらためてそのことを強く思います。
<< Final Answer? Hello goodbye >>