素をもって絢(あや)をなす
d0105218_20301478.jpg
グラフィックデザインというものを生業にしていると、
やたらと“見た目のこと”を気にしてしまうものです。
格好良いことが善。
美しいことがすべて…。

そうしていると、今度は何が格好よくて、
何が美しいのかと考え始める始末です。

そういうことを考え始めると、いつも思い出すのが論語のこんな一説です。



ある日弟子の一人が孔子に訊ねます。
「古い詩の中の言葉で、美しい女性をして、
『巧笑倩たり(笑顔のえくぼが愛らしく)
 美目盻たり(目元がはっきりしている)
 素を以て絢を為す』
とありますが、素を以て絢(あや)を為すとはどういう意味でしょうか?」


孔子は答えます。
「絵の事は素より後る。
(絵を描くときは真っ白の上に描いていくものだよ。
紙が汚れていては絵にならないからね)」


その言葉を聞いた弟子は彼なりに解釈してこんな風に答えました。
「美しさの所以は素地となっている元々のものの中にこそある…。
形は後からついてくるということですか?」


弟子のその言葉を聞いて孔子はとても喜んだそうです。
「古の詩のことも君となら話すことができるね」と。



論語のこの話には、上のような解釈の他にも、
孔子の発言を「絵の事は素(白色)を後にする」と読んで、
絵画におけるハイライトの白色を礼学に見立てて、
「形は後からつけるものだ」とする解釈もあるそうですが、
それだと前の句との意味がイマイチ通じませんし、
僕は上の解釈の方が好きです。


学生の頃、デッサンでも、グラフィックの作品でも、
真っ白い紙の上に最初の一本の線をひくことが僕はとても怖かった。

最終形のイメージはその一本の線をひく前から頭の中に鮮やかに在るのです。
でもそれを再現していく作業の、最初の第一歩が本当に怖かった。
素のものを生かすのか、損なうのか、全てはその一瞬にかかっていました。

その一本さえ引いてしまえば、あとは無心で描ききるだけ。
うまくいくこともあれば、いかないことも…。
でもその結果の如何は、いつだってその最初の一本を引いたときに、
もうすでに決まっていたことなのです。


『素をもって絢をなす』

格好よいとは? 美しいとは?
デザインのコツというのも、その言葉の中にあるように思えてなりません。

「味の素」の話ではありません。「デザインの素」の話です。
[PR]
by chii-take | 2007-09-05 20:30
<< 阿呆発見 花 >>