世界で2番目に固いモノ
d0105218_250882.jpg

この世の中で最も確かなものって何?

僕の後輩は、それを金だと答えます。
お金ではありません。貴金属の金です。

人間の力では絶対に作り出せない金がこの世界では唯一絶対的なものであるというのです。
ダイヤモンドは人間の手によって人工的に作り出すことができるから、
たとえこの世界で最も硬い物質であったとしても、金の価値には及ばない。
…のだそうです。

だからと言ってそれが「この世の中で最も確かなもの」になるのかどうかは甚だ怪しいものですが…。
まあ、一理あるということだけは記憶に留めておくことにしました。


先日、意を決して二人の指輪を買いに行きました。
実は一年ほど前に、ヨメの結婚指輪を僕がなくしてしまったのです。
(はい、ありえないことをしてしまいました)(_"_ )>
そのうち出てくるだろうと気楽に構えていたのですが、いつまでたっても出てこない。
いい加減これはいかんなと思って、あらためて二人の結婚指輪を買い直したわけです。

以前から、出てこんかったらこれにしようかと、
二人で目をつけていたちょっと不思議なデザインの指輪があったので、
実際に指にはめて見ようと店員さんに声をかけてみたら、
その人から思いがけずこんな一言が出てきました。

「この指輪は世界で2番目に固い物質でできているんですよ…」

タングステンという金属なのだそうです。

僕は無性にこの「世界で2番目に固い物質」というのが気に入りました。

店員さん的には
「ダイヤモンドカッターでも持ってこなければ傷もつかない」
ということをアピールしたかったようなのですが、
僕はとかく中途半端なこの“2番目”というフレーズが気に入ったのです。

今のところ、僕ら夫婦は、しょっちゅう喧嘩ばかりしてるし、
お世辞にもかたい絆でむすばれた理想の夫婦とはいえない関係です。
お互いに心ない言葉をかけあい、傷つくことの多い夫婦です。

そんな夫婦には「傷つく事もない金属」というのはとっても心のよりどころになるものだし、
なにより、「けれども完全ではないのだから油断はするなよ」という所に、
新しい結婚指輪にもってこいの縁を感じて、
二人はこの指輪をとても気にいって買って帰ったのでした。

ヨメは上機嫌に新しく購入した黒い指輪をはめた僕の手を見つめて、こう一言。

「なんか海苔が巻きついてるみたいやな…」
Σ( ̄ロ ̄lll) 

僕は新しくヨメの左手に装備されたキラキラ輝く金属を見ながら、

(世界で2番目に固い物質で殴られたら、いったいどないなことになるんやろ…)
( ̄〜 ̄;)

それぞれの思いの交錯する帰り道、
僕たちは確かにちょっと嬉しい気分でいっぱいでした。
[PR]
by chii-take | 2007-10-12 02:52 | Comments(6)
Commented by ギタロー at 2007-10-12 07:25 x
壊れない固い絆があると思えるから
安心して喧嘩出来るんじゃないですか?
いいなあ。そんな関係 微笑
Commented by ☆lisalisa☆ at 2007-10-12 20:55 x
しょっちゅう喧嘩してるなんて意外です。なんか想像つきません。
あ、因みにウチは喧嘩の頻度は少ないですが、ひとたび始まると冷戦です…。
Commented by ゾノ at 2007-10-14 02:44 x
>世界で2番目に固い物質で殴られたら.....
それは指輪じゃなくてメリケンサックなんじゃあ.....?

でも2番目ってとこにぐっとくる気持ち、何かわかるかも。
可能性って言うんかな?
進行形のイメージ。

ちなみにウチは、殴っても大丈夫なようにほっそ〜い指輪を買ってもらいました。
Commented by ちいたけ at 2007-10-15 00:58 x
>ギタローさん
ほうっておいたら簡単に壊れてしまうものだから、人どうしの関係は美しいものになるんだと思います。
逆に簡単に壊れることを確認するために、ギリギリのラインまで喧嘩してみようと思うのかもしれません。
(そしてそれが自分の思ってもみないような地点で本当に壊れるようなものなら、それでいいともどっかで思っている関係があります。相手のことを大事に思えば思うほど…)

恋人の関係、親友、親子、そして夫婦、何一つそのルールから例外はありません。
簡単に壊れるのが普通。壊れないのは奇跡です。
奇跡の上で安心できる人なんていません。
Commented by ちいたけ at 2007-10-15 01:07 x
>☆lisalisa☆さん
意外?
そうかな…。
じゃ、こう表現を変えよう。
“しょっちゅう怒られてます。”
確かに(笑)。こっちの方がしっくりくる。リアルだ。

冷戦はうちにはありません。
瞬間湯沸かし機並みの早さで勃発して、
コールドスプレーを吹きかけたかのような一瞬の出来事で沈静化します。
(火種はけして消えないけどね…)
Commented by ちいたけ at 2007-10-15 01:22 x
>ゾノ
張り手…、いや違う。左手でツッコミをいれるときは気をつけて。
けっこう痛いよ。骨に当たったりするとね。

バスケットでも、いいところまで行ったのに惜しくも、それこそシュート一本の差で優勝を逃してしまったようなチームを、毎年好きになってしまう。
コートを去るとき、ちょっと後ろを振り返って、来年またこの場所に返ってこようと決意する彼らの瞳はいつだってキラキラしてて美しい。
確かに進行形のイメージ。

僕らもね、もちろん最初に買ったのは細い普通のプラチナリングだった。
ありえないと思うだろうけど、僕以外にもなくした人の話はたまに聞く。充分ご用心下さい。
たとえ旦那さんでも外して渡すべからず!
<< I 'm a Keeper 僕はもうあの蠍のように >>