<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ふさわしい自分で
d0105218_359272.jpg

ここのところ心が揺れています。

大方8年努めた会社を退職する日が目前にあるからなのか、
奈良で迎える始めての冬がそんな気持ちにさせるのか…。

なかなかやるべきことに集中できません。

先日思わず衝動買いしてしまった『文藝春秋1月号』に、
「世紀のラブレター50通」という特集が載っていました。
衝動買いしてしまったのは、その中に尊敬する白川静先生のラブレターが載っているというからなのです。

てっきり先生の若かりしころの甘い文章でも載ってるのかと思ったのですが、
期待に反して、先生の晩年の和歌が収録されていました。
けして期待していたような、(まさに恋文といえるような)すがすがしくほろ苦い思いの綴られたものではありませんでしたが、先に旅立たれた奥様への静謐な思いが綴られた和歌の数々に、僕は深く心を打たれました。
何より、その70首にも及ぶという挽歌の多さに先生の深い想いを知らされたのです。

記事には、先生の言葉として、
それらの歌は「臨終のときに傍にいて、思わず口ずさむように出た数首につづけて、しばらく歌日記のようなつもりで記しておいたもの…」であるという記述がありました。

感情が動いたときに、それが表現に直結する人…。
学者然としたイメージが強かったけれど、先生はやはり感性の人だったのだなあと知らされました。

下はその中の一首。

-------------------------------------------------------------------
立ち去らば千代に別るる心地してこの室中(へやぬち)を出でがてにすも
-------------------------------------------------------------------

臨終の病室を立ち去りかねる先生の心情が詠まれています。


文藝春秋の特集には、先生の他にも多くの文人の恋文が記載されていました。
その中に、もうひとり僕の心を強く揺さぶった人の言葉があります。

-------------------------------------------------------------------
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

-------------------------------------------------------------------

と詠った詩「自分の感受性くらい」で有名な茨木のり子の、
こちらも亡き夫に宛てた詩「パンツ一枚で」という作品です。

-------------------------------------------------------------------
パンツ一枚で
うろうろしたって
品のあるひとはいるもので
暮らしを共にした果てに
相棒にそう思わせるのは
至難のわざでありましょうに
らくらくとあなたはそれをやってのけた
肩ひじ張らず ごく自然に

ふさわしい者でありたいと
おもいつづけてきましたが
追いつけぬままに逝かれてしまって
たったひとつの慰めは
あなたの生きて在る時に
その値打ちを私がすでに知っていたということです。

-------------------------------------------------------------------

僕の心をゆさぶったのは「ふさわしい者でありたいと…」の部分です。
僕にとってそれは何も妻に対してのことだけではないのです。


最近僕はグループやチームを組んで行動することが多いのですが、
何故だかそれは3人という単位であることが多いのです。
自分で望んで入ったその3人という単位のグループの中で、
いつでも僕は「ここに僕が混じっていても良いのだろうか?」という思いを抱いてしまうのです。

一緒に行動するあとの二人のすばらしい人間性やその能力に触れる度に、
「ふさわしい者でありたいと…」それこそ泣きそうになりながら思うのです。

届かない。その高みには届かない。
どこかでそう確信する自分がいて。
それでもちょっとでも近づいて、何かの役には立ちたい。
それが妻なら幸せに近づける気概だけでも見せたい。
そう願う自分があるのです。

茨木のり子が詠ったように
「その値打ちを私がすでに」知っていればこそ、
少しでも、彼ら、彼女らに対して「ふさわしい者でありたい」と、そう願うのです。


今僕が見定める人生の目標、夢は、
すべて幾人かの人との出会いがもたらしてくれたものです。
人との繋がりがすべてなのです。

だから、僕はそれらの人と並んだときに、それにふさわしい自分になりたいのです。

ありとあらゆる評価や肩書き、地位や名誉も関係ない。
追い抜きたい、負かしたい、支配したい、そんなことは夢にも思いません。
ただ一緒に在って、ふさわしい自分になりたいのです。

いつ何時でも、間近に顔を会わせるなら、それに臆する事のない自分で…。
妻との日々では、いつ何時でもごくありふれた自分が、ふさわしい自分であるようにと。
[PR]
by chii-take | 2007-12-23 04:17
季節ですね。
d0105218_2305788.jpg

d0105218_237191.jpg
せやかて、なにもそないな顔せんでも…。
どこ見てんねんな…。















d0105218_2265073.jpg

[PR]
by chii-take | 2007-12-22 02:15
16mmの間柄
d0105218_184652.jpg
れんしゅう!








d0105218_1841935.jpg
本番!



(あれ、ピントずれた…)
( ゜▽ ゜;)








16mmの広ーいレンズを使っていると、こんなとき非常に便利です。
よくわからない写真をいっぱい撮ってる中で、
整理してるときに不意にこういうのが現れると、
こんな僕でさえ一人ではないのだと、ときおり、
あらためて教えられる気がするのです。
[PR]
by chii-take | 2007-12-20 18:08
李徴の虎
d0105218_15184015.jpg

もう不器用であることを言い訳にするのは止めようと思うのです。

自分の詩の才能を信ずるあまり、他者を拒み、侮り、蔑むふりが止められなくなり、あげく虎に変身してしまった孤独な詩人李徴。
中国の説話を元にした「山月記」という小説で、虎となってもまだ人の心と言葉を理解する哀れな詩人として描かれた人物です。
人間はだれもが猛獣使いであり、心の内側に人それぞれ猛獣を飼っている。
心の弱さから、この猛獣を扱いきれなくなったとき、人は知らずし知らず周りの人を不快にしたり、友人や恋人を傷つけるようになってしまう。
「山月記」はそんな人の弱さ、儚さ、愚かさを哀切を込めて描いた小説だと思っています。
作中、李徴は自らの心の中にいた虎を『臆病な自尊心と、尊大な羞恥心』と表現しました。

李徴の言う『臆病な自尊心と、尊大な羞恥心』がどのようなものなのかはわかりません。
でも、もしかしたら、そのような心は僕の中にもあるのかも知れません。

今よりもっと若かった頃、僕は劣等感の塊のような男でした。
計算もできず、運動も苦手で、体力もなく、目が悪くて、痩せこけていて、話すのも苦手。
おまけに音痴ときていたから、とかく卑屈になりがちな子供でした。
書くことや、描くこと。
表現力というもの以外、僕には人と伍して並び立てるものがなかったのです。

『9分の劣等感と、1分の自尊心』
それが学生時代の僕の心のバランスそのものでした。

悔いていることがあるとすれば、そのたった一分の側の心に寄り添って、薄暗い薮の上にこんもり浮き出たプライドというチッポケな丘によじ上って、無理矢理強がって、独りガタガタと震えていた時代があったということなのです。

今はどうなのか?

なかなか人の言う事を聞かないこの獰猛なる生き物は、今もまだ僕の心の中に確かに居ます。
だけど、同時に、
計算もできない上に運動音痴で、体力もなく、目が悪くて、痩せこけている生き物も、今は僕の中に息づいています。

10頭引きのソリに例えれば、9頭までが今はそんな弱くもやさしい生き物たちです。
そいつにしかわからないこと。そいつにしか行けない場所。そいつにしか聞こえない音。
そいうものの存在に気がつけばこそ、僕の劣等感は何か別の生き物としての命を受けました。
彼らに導かれるように、獰猛なるかの生き物も、今はだだっ広く低い草原を共に行きます。

二度とあの薄暗い薮の上のチッポケな丘の上によじ上らないように、9頭がいつも周りを取り囲んで、いろいろと話している声を聞くのです。

でも、僕自身も、僕の中にいる9頭も知っている。
このソリはその1頭を失えば1ミリとして先へは進まないことを。

願わくば、もう二度とこの猛獣が一人薄暗い世界へ向かわないようにと、僕はそれのみを祈るのです。
[PR]
by chii-take | 2007-12-20 15:22
夢を見るんです
d0105218_31495.jpg

さて、忘年会シーズンです。
今年いっぱいで今の会社を退職することが決まっている僕にとっては、
送別会も兼ねられたこの催しは避けては通れない通過儀礼です。

結婚式いらいの主役扱いにひたすら恐縮しながら、必然的になだれ込む二次会。

そして、よもやの三次会。
あかん、これ以上行ったらオールになる。
そんなタイミングで飛び込んで来た部長の一言。

「ちいたけ君! あかんで。ヒッ。ここで帰ったらお前。ヒッ。ここで帰ったらデザイナーちゃうで!ヒッ。」

「うそーん(;°ρ°)」


完全にからまれてることは解ってたけど、デザイナーとして認められなくなるのは甚だ心外だったので、僕はその部長のハードルに果敢にも挑むことにしました。
自動的にそれはオールを意味したんですが、この際そんなことはどうでもよかったのです。

もう一人帰ろうとしていた同僚にも、「ここで帰ったらデザイナーちゃうらしいですよ」と告げたら渋々ついて来た。
たぶん、その人がついて来たのは僕が帰らなかったからだと思います。
そういう意味では少し申し訳ないことをしたのかも知れません。

三次会では、真っ赤な顔して熱っぽく語るもの、涙を流して語るもの、それはもうみんなそろいもそろって阿鼻叫喚の態でした。

そんな中で巻き込んでしまった同僚が遠い目をして漏らした一言がすごく印象的でした。

「だからお酒を飲むのは嫌なんです…」
「どういうことですか?」


「夢を見るんです…」



酒のせいか、眠気のせいか、少し潤んだその目つきがとても印象的でした。

半年ほど前、僕の退職が正式に決まった頃、僕の所属する部で、仕事の担当を再編成する会議が開かれました。
今まで担当していたグループを離れることになったその先輩。
その人とタッグを組む人がなかなか決まらなかったとき、
会社帰りにその人が言ってくれた一言が今も忘れられない。

その時点で二ヶ月後に退職することが決まっていたのに、
誰かと仕事をするのなら、ちいたけ君と仕事がしたい。と言ってくれた。

二ヶ月でかまわないとも言ってくれた。

もう何ヶ月も前に退職された別のある先輩はこう言います。
僕に残された今の会社でのわずかな時間。
後輩にとってではなく、僕にとっては、
その先輩に会えるというだけで、一日一日そこに通う意味があると。

思えばデザイナーとしての僕を成長させてくれたのは、いつでも仕事ではなく、共に一つのテーマについて考えた同僚たちとの語らいでした。
社員も派遣も先輩も後輩も上司も部下も関係なく。
共に互いの考えを鏡にして、自分のデザインを磨いていける関係。
僕はとんでもないものを失おうとしているのかも知れません。

完全に酔いつぶれた部長を抱えて夜のミナミを徘徊しているとき。
とても軽い部長の体の肩に掛かっていた鞄が、めちゃくちゃ重いことを始めて知った。

少し申し訳なく思った。

僕は今の会社でとくに何をしたわけでもない平凡な社員です。
(ミスはたくさんした…)
部長は酔いつぶれる寸前僕にこう言ってくれました。
「何も言わなくても、しなくても、そこに立っているだけで、その醸し出す雰囲気だけで、君は部にいい影響を与えてくれていた…」

暗に能無しを明言されたようなものなんですが、僕は部長に理解されていたと思うだけで嬉しかった。


あくる週、平常通りの単調な日常の中に戻った僕らは、三次会に参加したメンバー同士でも、そのときのことをあまり話題にはしませんでした。
多くの人は実際憶えていなかったのだと思う。

部長は僕の肩を借りて歩いたことは憶えていたようだけど、それ以外のことは憶えていないようでした。
決起集会のようだった席のことも、これからの理想のデザインを語ったことも。

「夢を見るんです」
と言った先輩とも、その日のことはほとんど話をしていない。
僕の中ではあの日見ていた風景も、今見ている風景もまったく変わらないというのに。
そのことが伝えられない。

僕は知っています。
この人たちはお酒が入っていなくても、常に夢を見ている人たちだし、それを現実に引き起こす力も持っている。
だってデザイナーなんですから。
もちろんそれは僕抜きでも容易に行われるはず。

少し寂しくもあるんですが、僕はそのことをきちんと伝えなくてはいけない。
夢を見て何がいけないんですか…と。

切り売りするくらいの夢を見ましょうと。
そいつを売って一儲けしましょうと。
僕はこれからお金に困りそうだから、
そのお金で一杯奢って下さい。

だから、泣いてしまうくらいの夢を見ましょうよと。

僕も夢を見ますから。
d0105218_32362.jpg

[PR]
by chii-take | 2007-12-17 03:08
7年も前の話
d0105218_4292465.jpg

7年も前の話。
大阪の南の方の印刷会社に就職した僕は当時まだ新入社員でした。
始めて配属されたグループのメンバーは任侠を重んじるような、そっちよりの人の集まりのようで、毎日が組事務所で過ごすような日々でした。
朝礼といえば、リーダーの妙にローテンションの挨拶があって、野郎ども5人ほどが声を揃えて低い声で「ウイーッス」と唸るだけ。

夕方の休憩には野郎ども全員がサーッといなくなって、どこに行ったのかと思えば屋上に座り込んでタバコを吸ってる先輩方の姿。
まさかの円陣。

そのチームには夜勤なるものが存在していて、三週にいっぺんは相方の先輩と共にその当番が回ってくる。机の上に足を上げて仕事をするその先輩と横並びに、深夜に二人っきりでする仕事は試練というもの以外の何ものでもありませんでした。
(もちろんこの経験が今の僕を育ててくれた)
とにかく社会人一年目は恐かったという話です。

仕事がではなく。先輩が恐かったんです。

中でも極めつけがこの先輩。
始めてあったときに挨拶しても、「君何なん? なれなれしいよ…」的な対応。
給料明細をもらった日にも、その先輩は社員共用の机の上にその明細を置きっぱなしにして帰ろうとするものだから、「忘れてますよ」と声をかければ、
「は?! 何言ってんの? 置いて帰ってんの」
とのこと。
何なんだ。ここは?
何なんだ。この先輩は?と…。

小柄でニヒルな笑みが印象的なこの先輩。
近づくと、いつでもお酒の匂いを漂わしていた。

あかん。この人とはもう話せない…

何度かそう思いかけたけど、そんな簡単には諦めのつかない往生際の悪い僕は、
それでもしつこく食い下がっていると、いつしか共通の話題も存在することを知るようになりました。
共通の話題。

それは、絵を描くこと。

それと、ガンダムでした。
メンバー全員がガンダム世代。ガンダムさえ知っていれば、このチームでやっていけると知ったのもちょうどその頃でした。

そのニヒルな先輩ともアニメの話である程度は打ち解けて話ができるようになった頃のある朝、僕が出勤してみると、夜勤だったその先輩が書き残しておいてくれた手紙が僕の座る机の上に置いてありました。

よほど暇だったのか、僕の仕事のこういうところが悪い、ここの作り方が迷惑だと事細かく指摘してある手紙でした。
そのニヒルな先輩からは本当に毎日のように怒られていたので(それもかなり嫌味な感じで…)、ああ、またか、と思って朝からかなりブルーな気持ちでその文面を読んでいたんです。
でも、そのときの手紙には、叱り文句の後ろに、ちょっと様子の違うその先輩からの個人的なメッセージが添えられていました。

もう7年も前のメッセージです。
ここに転記しても、まずその先輩の目にとまることはないでしょうし、
見つかっても、また嫌味を一つ二つ聞けば許してくれるでしょう。

僕は7年前このメッセージをもらったから、
今日まで今の会社でやってこれたんだと思います。
僕のことを本気で見守ってくれて、育てようとしてくれた、
その証拠がこの文面の中にあるような気がしてなりません。


-------------------------------------------------------------
ムカイクンへ
なんちゅうか、君は育ちが良い。無菌室ですくすく生きてきたエリンギみたいな奴だ(ほめてる)。正直は美徳だが時として、巨人入団テストの際の飛雄馬の、「いや、ボクはアウトです」発言のような、おのれを追いつめる事態もあるのだ。
現実社会はうすぎたなく、ダークなフォースがとぐろをまいているのだよ。
仕事もそうだ。書かれてあるとおりにすると大失敗、なんて事は日常的だ。
要は心だ。心をきたえろ。
まずはアンクルウェイトの装着からだ。そして階段を使え。期待しているぞ。
君はチームの怪物くんだ。俺はドラキュラでいいザマス。そうでガンス。フンガ。

-------------------------------------------------------------

僕なんか足元にも及ばないほどの絵の才能を持ちながら、それを十全に活かせるほどの器用さだけを持ち合わせなかった人です。
だからこそ人の欠点を十全に理解し、その欠点の裏返しのところのものを好むことの出来る人でした。
そして自分のそれを知る人にのみ、心を開いてくれる人なんです。

8年目のおっさん社員をわざわざ呼びつけてまで叱ってくれる先輩なんて、もうこの人だけでした。

でも、今この先輩の姿は会社にはありません。
病気で長期の療養生活に入られたのだそうです。

今晩は新月。
友達が日記で、新月の夜に願い事をすれば叶うと教えてくれました。
僕は願わずには居られないのです。彼のこと。
この世界の、まだ活かされていない傷だらけの才能について。
[PR]
by chii-take | 2007-12-10 04:33
僕にできること
d0105218_2322592.jpg

自分が何かしてもらいたいときに、何もしてもらえないことがあったから、
d0105218_2323598.jpg

誰かが困っているときは、自分は何かができる人であろうと思うのだけれど、
d0105218_2324576.jpg

そんなときでも、状況が何もさせてはくれない状況だったりして、
d0105218_2325618.jpg

結局、何にもできない自分がいる。
d0105218_23384.jpg

何もできないから、何もしなくて、
d0105218_2331889.jpg

何もしないから、何にも言えなくて、
d0105218_2332812.jpg

何にも言えないのは、居ないのと同じで、
d0105218_2334983.jpg

でもそれは嫌だから、何か言おうと思うのだけれど、
d0105218_2335886.jpg

言えることといえば、どうでもいいような、
d0105218_234942.jpg

あまりにありきたりで、くだらなくて、意味のないことばかりで、
d0105218_235749.jpg

それなら言わない方がいいやと、結局空を見てるだけの自分がいて、
d0105218_2351725.jpg

仕方ないじゃないかと言い聞かせるけど、
d0105218_2352830.jpg

納得していない自分もいる。
d0105218_2354073.jpg

写真に限らず、言葉に限らず、
d0105218_2355120.jpg

ありとあらゆる表現に、できることなんてたかが知れているのかもしれない。
d0105218_236078.jpg

それでも、そんなことしか出来ないなら、そうするしかないじゃないと、
d0105218_236926.jpg

わかってしまった自分がいる。
d0105218_2361987.jpg

そうでもしなければ、もういてもたってもいられない。

[PR]
by chii-take | 2007-12-01 02:42