<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
そばにあるものほど見えないもの
d0105218_15619.jpg

そばにあるものほど、見えなくなってしまうものがあるのかも知れません。

僕たち奈良県民なら、ほとんどが無条件で感動してしまう風景があります。
それは海。

今年のお盆。
ちいたけはヨメの実家である和歌山県の新宮で過ごしました。
4時間ほどの山越えのドライブ。
延々と車を走らせたあとに見えて来た海岸線に僕は大興奮。
ハイテンションでヨメに語りかけるも、馴染みの風景でしかないヨメにとってはそれくらいのことで騒ぐ僕がうるさくて仕方がない。

適当にあしらわれて、はいおしまい。

それでもしつこく海が見たいとくいさがっていたら、お義母さんが気をきかせて温泉の帰りに海に連れて行ってくれました。

「夜の海が見たいなんてなんとも変わった人やねえ」なんて思われて…、いや実際に言われながら到着した夜の海岸線。

真っ暗な防風林を抜けたあとにようやく開けてきた視界には別世界が広がっていました。

満月になる1日前の明るい月と満天の星空。
その光りを受けて輝く水面。
静かな波の音。

「夜の海がこんなやったなんて知らんかったねぇ」

というお義母さん。ヨメも「外国みたい」と興奮気味。

僕が嬉しかったことは、彼女らが今まで気づけなかった故郷の美しい風景を、僕が部外者だからこそ見せることができたということ。その出会いが。



こんな夜中に、月以外何も明かりのないところで一体何が写るのか?

最初は不安だったけれど、二人が感動している姿を見て、シャッターを押す前からきっといい写真が撮れると思っていました。

30秒間の長時間露光。
海岸線を動き回っていたヨメの姿は闇の中に溶け込んでしまいました。
(まだうっすら見えてますけどね)

はじめて、
僕はヨメとそのヨメの故郷を写真に収められたような気がして、なんだか嬉しかったのです。


白川先生によれば、
風景の【景】は、都市の城門の上に建つ望楼を日時計のように用いた頃の風習を表しているのだろうと推測されています。
中国最古の漢字字典「説文解字」には、ただ、
「光なり」とあるそうです。
d0105218_1563548.jpg

[PR]
by chii-take | 2008-08-25 01:57 | Comments(6)
闇 〜なら燈花会によせて〜
d0105218_317840.jpg

夜の寺社仏閣に特別思い入れがあるのはどうしてなのだろうと改めて考えたときに、思い浮かぶ風景は、母の背に背負われて、地元のお寺の月一回の檀家の集まりに連れていかれていた頃の風景でした。

ただでさえ薄気味悪いお寺の風景に、夜ともなるとさらに妖しい雰囲気を感じながら、まるで闇がこちらに迫ってくるかのような圧迫感を受けていたのをよく覚えています。

d0105218_3172387.jpg

それから、夜のお寺といえばお盆のときに親戚一同で赴いたお墓参りもそんな風景の一つです。
盆踊りの歌謡が遠くの広場から聞こえて来るのを片耳に聞きながら、提灯灯りに包まれたほの明るい山の上の墓地を、濃密な線香の匂いに包まれながら従姉妹やおじさん達の背を見つめ歩いたことを昨日のことのように覚えています。

親戚の中には特別僕を可愛がってくれた伯父さんがいて、よく僕にかまってくれていました。
ある年、おせっかいを利かせたその伯父さんが、夜のお墓参りの後に、昼間僕が欲しがっていたというカブトムシを採りにいこうと言って、まっくらな夜の森の中へ僕を誘うのです。
そして意地悪をするように獣道のような細い小道に僕を一人残して、山の急斜面の茂みに伯父さんは一人で入っていくのです。

真っ暗な小道の向こうから、僕は何か得体の知れないお化けのようなものが駆け下りてくるのではないかと気が気でなく、そこで待っているようにと言われたのに、ものの数十秒で半べそをかいて、いや、大泣きに泣いて僕は叔父を呼びました。

「もういいよ。おじちゃん帰ろ。はよ帰ろ。」

伯父はそのとき小学低学年だった頃の僕のそんな失態を、今でも笑い話にしてからかうのです。
そんなこんなで夜のお寺や森の闇といえば、僕にとっては子供の頃の恐怖に結びつく風景になっています。

d0105218_3175094.jpg

今でも闇が恐いか?

恐くないといえば嘘になりますが、僕は時折無性にそんな闇の中に身を置いてみたくなることがあるのです。
でもそれは完全な闇ではありません。

提灯やロウソクの灯り、
焚火の炎、
満月の月明かり、

そんな拠り処となる灯りを傍らに置いて、じっと闇の向こうに目を凝らしてみたくなるときがあるのです。

子供の頃、お寺の建物の影に見ていたものは何だったのか?
夜の森の斜面の向こうに蠢いていた気配は何の気配だったのか?

ややもすれば惹き込まれそうになるほど魅力的な何かが、そんな闇の向こうにあります。

でもそっちへ行ってはいけない。

それはわかっているから、いつでも闇を切り裂ける拠り所を傍らに置いて、僕はそんな闇に目を凝らすのです。

二年前、はじめて燈花会の会場に足を踏み入れたとき、僕は大きな大きな拠り処を感じていました。

春日山原生林の闇に向ってまっすぐに伸びる参道。その参道の両脇に点々と立ち並ぶ灯籠のすべてに灯が入り、まるで僕を安全にその闇の向こうに導いてくれているかのようでした。
そして参道の尽きる場所で待ち受けていたのは漆黒の闇ではなく、3000其にも及ぶ釣り燈籠の列。
春日大社の中元万燈籠が建物の影さえ被うほどの灯りで見る者を包み込んでいました。

闇に向って歩きながら、辿り着いた場所。

そこは、まがいもなく人間の明かりの灯る場所でしたが、そこが光と闇の接する場所であることも同時に感じ取って、僕は無性に嬉しかったのです。

毎年お盆が来ればここに来ればいい。
子供の頃、恐怖ともに憧れ続けた向こうの世界と、こんなにも安心して混じり合える場所がある。

そんな発見が奈良に移住することを思い立った最初きっかけだったのです。




d0105218_318581.jpg


今年の『なら燈花会』の目玉はこの「火の鳥」の巨大燈花絵。
写真は例によって若草山の上から撮ったものです。草原の中腹から撮ったものではなくて、もっと上の方に登って撮ったので、浴衣の女性の方には薦められませんが、スニーカーなどの軽装で充分登れる場所なので「火の鳥」の全景が気になった方は登ってみるのもいいかもしれません。奈良の夜景もキレイです。
くれぐれも真っ暗になる前に下山して下さいね。
小学生の頃の僕のように半べそかきたくなかったらの話ですが。
(いや、まじでちょっと危ないので明るいうちに…)
d0105218_3182275.jpg



---------------------------------------------------------------------------------
春日大社の中元万燈籠は14日と15日の二日間だけ。
街中の燈火会は14日で終了になります。
観光に来られる方はくれぐれもお気をつけ下さい。

上の東大寺本堂の写真は県庁の屋上から撮ったものです。
燈花会期間中は夜も開放されてますので通りかかったら是非登ってみて下さい。素敵な風景に出会えます。
下の写真は昨年の中元万燈籠です。
d0105218_3183629.jpg
d0105218_3185769.jpg

[PR]
by chii-take | 2008-08-11 03:24 | Comments(4)