<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新しい三つのこと
d0105218_23345410.jpg
Carl Zeiss Planar T※50mm F1.4 / SONY α100


新しいことを始めるときは、とにかく不安なもので、
今使ってるレンズを買うときも、同じレンズを使っている人の作品をwebを駆使して探しまわり、カメラとの接続方法から撮影方法まで調べまくって僕にも扱える範囲かよく考えて購入に踏み切りました。
そのとき参考にさせていただいたサイトは、(検索して辿り着いたんだから当たり前ですが)、掲載している写真のすべてに使用している写真機とレンズが明記してあり、とても参考になりました。
そのときの経験から、このブログでも掲載する写真にレンズと写真機の名前を載せることにしました。
僕と同じように写真機やレンズのことで困っている人がいれば、何かの情報にはなるかもしれないと思うからです。

ただし、そのことで一つ補足しておかなければならないことがあるのです。

以下ちょっとカメラのマニアックな話です。

僕が使っているのは、COSINA製のCarl Zeiss Planar T※50mm のレンズです。
近代インターナショナル社の「M42-アルファマウントアダプタ」を介して
APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ「SONYα100」に繋いでいます。
APS-Cサイズということはフィルムカメラの65%のサイズしかなく、
実はこのレンズの中心付近しか使っていない状態になっています。

僕が最後の最後までこのレンズを買うかどうか迷っていたのは、この65%の性能しか発揮できないという物理的な壁でした。

もし、検索をかけてこのページをご覧になっている方があれば、「COSINAのPlanarはこんなものか」とは思わないでいただきたいのです。
僕自身フルマニュアルで写真を撮りはじめたばかりでまだ右も左もわからない状態ですし、
いつかフルサイズの一眼レフが手頃な価格になって僕の扱える機械になるのなら、100%のPlanarの作例をお見せ出来るかもしれませんが、それはどうやら随分先の話のようです。
とりあえず、SONYαマウントでもCOSINAのZeissは使える。
そして初心者でもこのくらいには写るということだけは確かです。



どうして65%の性能しか出せないレンズを買ったのか?

いつか辿り着きたいと思っている場所があって、
そこに行く為に絶対欠かせない道具だと思うから、
これで、
もう行かないわけにはいかなくなったぞと、自分に言い聞かせることにしたのです。

昨日よりも今日。
ほんの少しのベイビーステップを踏むために。


そうそうベイビーステップで思い出しました。

娘が先日、何にも捕まらずに一人で立ちました。
サーフィンのように両手を左右に広げてゆらゆらゆらゆら。
また新しいことを覚えたのです。
d0105218_2335617.jpg
Carl Zeiss Planar T※50mm F1.4 / SONY α100



そしてもう一つご報告。
遅ればせながらtwitterをはじめました。
レンズ以上に右も左もわかりません。
今完全に迷子状態です。
どうか救いの手を!
http://twitter.com/chii_take
[PR]
by chii-take | 2010-06-13 23:44 | Comments(2)