<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
太陽の真裏
d0105218_4305414.jpg
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2 ZA / SONY α700


“太陽の真裏”という言葉を聞いたことがありますか?
あるいは「反地球」や「カウンターアース」という言葉でもかまいません。
「ヤハウェイ」とも呼ばれたりするそうです。

それは空想上の惑星を表す言葉で、
地球から見てちょうど太陽の裏側を公転している惑星だから、
地球からは決して観測することはできないのだけれど、
きっとそこにあるはずだと長い間考えられていた惑星のことらしいのです。

何が「きっとそこにあるはず」だと、考えられていたのでしょう。

僕の友達はそれを
「見ることのできないもの」
「確かめようのないもの」
の象徴だと思うといつか僕に語ってくれました。
それは「存在したかもしれない別の可能性」のことだと言うのです。


子供の頃漠然と想像した憧れの風景を覚えているか?

そんな友の問いかけに、僕は即答することができませんでした。
それから数日かけて、僕は幼い頃の記憶を片っ端からひっくり返して、その漠然とした憧れを探していたのです。
でも、思い出せるのは自分のことではなく、僕の周囲にいた人の顔ばかりなのです。

僕はこれまで何に憧れ、何に夢想し、何を求め、何を実践しようとしてきたのでしょう。
そして何を得られずに今日この日に至ってしまったのでしょう。

思い出すのは、高校に入学したばかりの頃、
出会ったばかりの同級生たちに囲まれて、
中学の頃は学校で一番絵がうまいと思っていたのに、
その同級生たちが、僕なんか足元にも及ばないと思うほど絵がうまい人たちばかりだったことです。
(悪いけど一番下手だったとは思っていない)
そんな同級生に囲まれて、これからどんなにワクワクすることが起こるのだろうと、胸をときめかせていました。
15歳の頃です。

大学に入って知り合った人たちは、絵描きばかりではなかった。
音響のスペシャリストがいて、ジャーナリスト的視点からアートを見つめる人がいて、
社会に対してまっこうからアートを提示しようと取り組む活動家のような人がいた。
高校の頃に輪をかけて、僕はワクワクし、ときめいていたのです。18歳の頃でした。

就職して、
最初の職場で知り合った人たちは、多少社会に裏ぶれているかのように見える人たちだった。
でもそれはお子さまの視点であり、
社会人として見たときは、それは立派に責任をまっとうされていた方たちばかりだったのだと、今にして思う。
あの頃の先輩方への尊敬の念を、僕は忘れたことがないのです。
22歳の頃でした。

転属して最初にチームを組ませていただいた方とは、本当に兄や姉と仕事をさせていただいているのかと思うほど、相手のことを信じきって過ごすことが出来た日々でした。
幸せでした。

続々と入ってきた後輩たち。
その一人一人の個性を感じながら、いつか彼らが生み出していくだろう素晴らしい仕事の数々に、本気でわくわくしたものです。
(きっとその過程として、大変な仕事の連続があり、辛い日々を送っただろうとも想像しています。)


引越と転職は、まことに勝手な僕のわがままだったと思っています。
思い描いていたのは、まだ姿形もなかった娘と僕たち家族の未来の姿。それは今現在に直結している風景です。

転職がうまくいったことは、まさに僥倖でした。
知り合ったばかりの大先輩の紹介で、
会ったこともない人たちが僕を会社の仲間として受け入れるべく尽力してくださったこと。(もちろん当時の会社の状況もあったでしょう。中には今現在僕を雇ったことを失敗だったと思っている人もいるでしょう)
ただ、当時はその事実が何よりも嬉しかった。


僕は正直、15歳より以前は、あまり現実的な未来を想像するような人間ではなかったのです。

高校に入って周囲の環境や、僕の周りの人間模様が変わって、僕ははじめて、自分の未来を想像するようになりました。
様々な人との出会いが、僕を様々な未来へと掻き立てました。
こんなことも出来るんじゃないか、
あんなことも出来るんじゃないか、
でもほとんどのことが現実には起こらなかったのです。

なぜなら、それは相手があることだから。
誰か一人が思い描いた理想を、
誰しもが共有できるはずもありません。

僕が受け入れなかったこともある。
友が受け入れられなかったこともある。
後輩が拒否したこともあれば、
先輩の思いに僕が応えれなかったこともある。
ただタイミングが合わなかっただけということもあります。

出来なかったことを数え上げても仕方のないことだけど、
本当は何かの拍子にそれらは実現したことなのかもしれないと、最近よく考えるのです。

webで奇跡的再会をいくつも経験して、ありえないようなことが起こるのを目の当たりにしてから、何度も何度も。

友が「太陽の真裏」の話をしてくれてからというもの、
何度も何度も。

可能性は「失った」のではなく、
「見えなくなった」のだと。
「星はそこにある」と信じている限り
可能性はいつまでも留保され続けていると友は言います。


夢や憧れは叶えてこそ意味があるのか?

必ずしもそれが全てではないと友は言う。
いくばくかの理想、憧れ、夢を実現して、
でも、たとえそれが出来なかったとしても、
憧れたものの価値は何も変わらなかったと友は言う。
それを思い描いた当時のドキドキは今も変わらずに胸のうちにあるからと。


「太陽の真裏」に何があったのか、
それは見ようと思った人間にしか見えません。
でも、うんと見ようと思えば、
今現実にあるこの風景の中に、
きっと見えなくなった筈の可能性が透けて見えているのだと思います。

僕の想い描いた多くの理想は現実にはなりませんでした。
でも、そのきっかけをくれた出会いは確かにあったのです。

きっと今もこんな超鬱陶しい僕の話を聞いて(読んで)くれる人がいるのです。
僕にこんなことがしたいと夢を語ってくれる友がいます。
曲がりなりにも一緒にそれを実現した友もあれば、
夢物語からまだ半歩も進んでいない友もある。
きっと僕も誰かのそんな存在なのでしょう。

まだ過程にあるのです。
太陽があり続けるかぎり、
その裏側に何がある(った)かなんて誰にも判りはしない。
見ようと思えば、それはいつだって実現できる可能性が残されている。
それを教えてくれた。

やったことに意味なんてない。
やれなかったことに意味なんてない。
感じられる思いだけが大切なこと。
それを失わなければきっといつか。
きっといつか素晴らしい出来事が待っているに違いない。
そう思えるのです。
[PR]
by chii-take | 2013-02-19 04:40
Final Answer?
d0105218_355549.jpg
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2 ZA / SONY α700


何から書いていいのか、書く意味のあることなのかさえよく分りませんが、
留めておきたい思いがあるのでパソコンに向いました。

2月11日。今日本は冬です。
外の風景は見渡す限り彩度を落としていて、
カメラを構えてもモチーフを探すことに苦労するほどです。

今このタイミングで僕の親友は南半球にあるオーストラリアを旅しています。
彼がwebに上げてくれるオーストラリアの風景は、僕が想像していた通りの鮮やかさで、
彼の視線で切り取られた写真は、おそらく僕以外の人の心も魅了していることと思います。

今まで多くの人のことを書いて来ましたが、
親友と呼べる彼のことを書くことは不思議とほとんどありませんでした。
お互いに認めあうほど、彼と僕とは全く違うタイプの人間です。

高校の同級生である彼は、卒業制作のとき自分自身の姿をイラストレーションにしました。
反対に僕は、僕自身を含めた同級生のみんなを描きました。
そのときのことを持ち出して、彼は「僕は常に外」反対に彼は「常に内を向いていた」と、あるとき僕に言いました。

僕は自分で人付き合いの下手な内向的な人間だと思っているので、外を向いていると言われてもいささか納得できない面もあるのですが、彼と僕がまったく違う人間であることは20年(そんなになるのか!?)付き合ってようやく疑いようのないものにすることができました。

彼は今オーストラリアを一人バイクで旅をしています。
彼が一人で旅に出ることは、まあよくあることなのです。
放浪癖があると言って差し支えないと思うほど。
しばらく連絡がないなあと思っていたら、やれ四国へ行っていただの、東の方へ行っていただの、まあ落ち着きのない男です。

何かをずっと探しているように思えてなりません。
何かきっかけさえ掴んでしまえば、例えばそれが宇宙にしかないものだとしても、
それを目指して宇宙船に乗り込んでしまいかねないほど、
彼はある意味あやうい人間なのです。

多くの彼の友人がそう願うように、彼の無事の帰国を願っています。
もちろん、この旅のよき収穫も。
彼が探しているものが果たして見つかるものなのか、
実はもう手に入れているけども気づいていないだけのものなのか、誰にもわかりません。
でも彼が一つ行動するたび、彼が一つモノを創るたびに、
それは少しづつ鮮明になってきているように思えてならないのです。
だから彼の行動や、彼の考え、感じ方、彼の見ているものを僕は追わずにはいられないのです。

それは彼と僕がまったく違うタイプの人間だからだろうとあらためて僕は思います。

facebookのアカウントをお持ちの方なら
下記に彼の旅行記が上がっています。
こっそり覗いてやってください。
あの高校の同級生の方ならなおさら。
同窓会には来れなかった彼のことです。
一人旅を楽しんでいる彼のことだからそっとしておいて上げるのもよいかもしれませんが、
更新の頻度を見るとまんざらでもないようです。
同窓なら友達申請も受けてくれる筈です。
↓ ↓ ↓
http://www.facebook.com/masaaki.miura.524


さて僕は今日、実は彼とは反対のようなことを書くためにブログを更新しようと思ったのです。
彼の探しているものが一つづつ鮮明になってきていると感じているように、僕もまた自分の目指すものを一つづつ鮮明にしていこうとしています。

彼が放浪するのとは反対に、僕はやはりここ奈良に留まろうと思うのです。
奈良でデザインをすると決意して前の会社を飛び出して早5年。
まだ何ほどの結果も残してはいません。
奈良には市場がないと人は言います。
奈良の人間は意地が悪くケチだと人はいいます。
デザインになんかお金を払いたくない人間ばかりだと人はいいます。
僕はその傾向があることも実感として分るようになりました。
(あくまで大阪と比べての話ですが…)

でもこうも思うのです。市場がないなら育てればいい。
ここの山は獲物がいなくなったから、よその山へ行こうというのは狩猟生活の発想だと僕には思えるのです。
種をまき、水をやり、収穫を祝う。
ささやかな実りかもしれません。
それでも僕はその積み重ねを大切に思うのです。

新しいレンズを買いました。
思えば仕事で写真を撮るようになってから、
多くの仕事上の写真のコツを学ばせてもらいました。
でも僕は反対に、自分の写真の撮り方を忘れていっているような気がするのです。
文章もそうです。

このままではいけないと思いました。
自分の言葉で、自分の写真で、自分の表現を残していきたいと思うのです。
それは仕事とはちょっと違うところで。

だから、憧れていた中判カメラの購入にも踏み切ることを考えたのですが、
さすがに趣味にだけ使えるお金は我が家にはありませんでした。
仕事との共用ということで、ヨメの許しをえて、この新しいレンズを買いました。

専門的なことなので、ここに書く必要はないかも知れませんが、
僕の使うAPS-Cサイズの一眼レフでは、やや広角の標準レンズとして使える単焦点レンズです。
前に買ったplanarとは違い、今度はオートフォーカスが利くレンズです。
ブランドを代表する広角レンズ、Distagon。
我が家に来た3本目のCarl Zeissレンズ。


これでFinal Answerか?
僕にはまだわかりません。

このレンズで、
これからも奈良で、
僕はいくつか反故にしてしまっていた約束に、
改めて取り組みたいと思っています。
何よりも自分のために。


下の写真は娘が散歩の度に収穫してくる獲物たち。
何を好き好んで集めてくるのか。
路傍の石や草枝を娘は大切に持ち返ります。
冬場の格好のモチーフです。
d0105218_3561180.jpg
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2 ZA / SONY α700


[PR]
by chii-take | 2013-02-11 04:17